ラジオ YBC山形放送 社員募集要項 アナウンサーコミュニティサイト アナBOO! 山形新聞 テレビ
会社情報 お問合せ English
ホーム テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント くらしの情報 県内ニュース 全国ニュース 天気情報
テレビ情報
 
4月8日(土)  午前9時40分〜
「映像文化創造都市やまがたの取り組み」

 山形市は、ユネスコの創造都市ネットワークへの映画部門での申請を目指しています。  山形に根付く映像文化について、二年に一度開催されている「ドキュメンタリー映画祭」をはじめ、国内外のドキュメンタリー映画が鑑賞できる「山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー」、市民の皆さんに映画に関する理解を深めていただくための催し「市民映画祭」など、映像に親しんでいただく様々な機会を設けています。  文化の力で街を盛り上げていこうとする山形市の取り組みを紹介します。

 
 
映像文化創造都市やまがたの取り組み
「2017年4月8日放送」
山形市は、ユネスコの創造都市ネットワークへの映画部門での申請を目指しています。 山形に根付く映像文化について、二年に一度開催されている「ドキュメンタリー映画祭」をはじめ、国内外のドキュメンタリー映画が鑑賞できる「山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー」、市民の皆さんに映画に関する理解を深めていただくための催し「市民映画祭」など、映像に親しんでいただく様々な機会を設けています。 文化の力で街を盛り上げていこうとする山形市の取り組みを紹介。
消防署が2つに!安全・安心なまちをめざして
「2017年3月11日放送」
山形市は、平成29年4月から「消防署」が2つになります。「出張所」が「消防署」になることで人員・装備が増強し、消防力が強化されます。さらに市内東西にそれぞれ「消防署」が配置されることで、市内全域で均衡のとれた消防活動が可能になるなど、より一層市民の安全・安心が図られるようになります。 市民の安全な暮らしと命を守るため、さらなる体制の強化を図る山形市消防署の活動を紹介。
あなたの『働く』を応援します!
「2017年2月12日放送」
山形市では、企業誘致による新たな雇用の創出や創業を目指す人たちの支援を通して、産業の振興を図る取り組みを行っています。 実際に誘致企業として進出し、働きやすい環境づくりを行っている企業や、創業を支援する事業を利用して開業したお店を訪れ、「働く」人の声を聞くとともに、「働く」を応援する山形市のさまざまな事業を紹介。
カラス対策できれいなまちづくり
「2017年1月14日放送」
近年、山形市中心部では集団化したカラスのふんの被害などが問題になっています。山形市では新たな対策として、カラスの天敵であるハリスホークなどの猛禽類を使った追い払い作戦を実施しました。 カラスによる被害を減らし、きれいなまちを目指す山形市と地域住民の様々な取組みを紹介。
子育て世代を応援!山形市の育児支援サービス
「2016年12月10日放送」
共働きや核家族化が進むなか、生活スタイルに合わせて利用できる、さまざまな育児サービスが必要になっています。 子育て支援センターとしての役割も担う「児童遊戯施設べにっこひろば」、少人数保育サービス「保育ママ」、さらに「病後児保育」を行う施設を訪れ、それぞれの特徴をお伝えするとともに、誰もが子育てしやすいまちを目指す山形市の育児支援サービスを紹介。
みんなで元気あっぷ!地域で支える介護予防
「2016年11月12日放送」
高齢化が進む現在、住み慣れた地域で元気に暮らし続けるためには、高齢者自らが積極的に社会に関わること、そして高齢者を支える地域の支援が大切になってきます。 高齢者が自分らしく自立した生活を送るための「介護予防」に関する山形市と地域の取り組みを紹介。
「災害に備えて〜自助・共助・公助の三本の矢で〜」
「2016年10月8日放送」
防災の対策として、自分の身は自分で守る「自助」、地域で協力して災害に備える「共助」、そして行政が行う「公助」があります。それぞれの役割を理解し、災害に備えることは、被害を少なくすることにつながります。 自助・共助・公助の役割について解説するとともに、日ごろからできる災害への備えについて紹介します。
「私たちの暮らしを支える町内会」
「2016年9月10日放送」
町内会は、私たちが安心して快適に暮らすために様々な活動をしています。山形市は、町内会の活動を支援するとともに、町内会と一緒に地域の課題解決に取組んでいます。今回は、私たちの暮らしを支える町内会の活動をリポートしながら、市民が主役のまちづくりの取り組みを紹介。
「学ぼう!中核市 山形市は中核市への移行を目指します」
「2016年8月20日放送」
少子高齢化が進む中、山形市はみんなが安心・快適に暮らせるまちを目指して、平成31年4月からの中核市への移行を進めています。
中核市になると、保健や福祉などの分野で県から市へ業務が移行され、より市民に寄り添ったサービスの提供等が期待されます。
中核市を目指す目的や移行に向けての準備、移行の効果等「中核市」について詳しく紹介します。
「夏空へ大ジャンプ!クラレ蔵王シャンツェ」
「2016年7月9日放送」
スキージャンプはウインタースポーツの華といわれ、冬のスポーツとして知られていますが、このたび「クラレ蔵王シャンツェ(山形市蔵王ジャンプ台)」のサマーヒル化工事が完成し、ジャンプ台の通年利用が可能となりました。
世界を転戦する日本代表チームの選手による練習風景をご覧いただくとともに、夏でも使えるジャンプ台の魅力について、空からの撮影をまじえてご紹介いたします。
「山形市のお宝再発見とブランド発信!」
「2016年6月11日放送」
山形市には、山形の気候を生かして生産される農産物、豊かな郷土料理、長い伝統を持つ工芸品など、自慢できる「お宝」がたくさんあります。これらの魅力を広く発信するため、山形市では「ふるさと納税」で山形市に寄付していただいた方への返礼品として「お宝」をお送りしています。 市民の皆さんに「お宝」の魅力を再発見していただき、ブランド化を推進していくため、生産者の熱い思いと山形市の取り組みを紹介します。
「もっと気軽に見に行こう!山形市の文化財」
「2016年5月14日放送」
山形市には建造物、絵画、工芸品、史跡など189件の指定文化財が存在しているのをご存じですか。その中から、霞城公園にある「山形城跡」と「旧済生館本館」、そして「嶋遺跡」を訪れ、その文化的・歴史的価値を紹介。 もっと気軽に文化財を見に行き、貴重な山形市の文化や歴史を身近に感じてみませんか。
 
山形市のホームページへ
テレビ情報 週間番組表 みもの案内 TVエリアマップ YBCテレビ視聴率トップ10