YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース やまがた情熱市場 会社情報
ラジオ情報
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2019年3月20日水曜 15時40分頃放送

今回ご紹介したのは、遊佐町の竹本産業で作られている
レトルト食品「やわらか豚そく」。
パッケージには、可愛らしいブタと、これまた可愛らしい
武本社長のイラストが描かれている。
湯せん、もしくは電子レンジで温めるだけで食べられる手間いらず
の商品だが、その味はまさに本格的。
「ぷるぷる食感」、「コラーゲンを召し上がれ」のコピーの通り、
トロットロの食感で、箸でつまめば崩れてしまうほど。
一口食べれば、豚足の旨味と、醤油の香りが広がる。

そのおいしさの秘密は、調理法と、水にあるのだそう。
じっくりと時間をかけてボイルする過程で、わざとふきこぼさせる。
それによって余分な脂をなくし、豚の臭みなく、醤油の風味が香る
さっぱりとした味に仕上がる。
そのためには、鳥海山の麓のおいしい地下水が不可欠だ。

創業33年の竹本産業では、豚のあぶらの加工品が主力であったため、
脂の扱いはお手のもの。酒田産業フェアをきっかけに、3年ほど前から
始まった新たな取り組みの成果だ。
現在はしょうゆ味が販売されているが、今後は、しお、みそ、遊佐カレー味の
販売も予定されている。

価格は540円(税込)
販売は、
『酒田山居倉庫』、『遊佐町ふらっと』など。






 
アサヒスーパードライ
Copyright since 1997 Yamagata Broadcasting Co.,Ltd.