YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース やまがた情熱市場 会社情報
ラジオ情報
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2018年11月28日水曜 15時40分頃放送

今回ご紹介したのは、真室川町「森の家」の商品、
「森茶(もりちゃ)」。
白に黒字のシンプルなパッケージを開けてみると、
中には三色の奇麗な豆が!
実はこちら、山形産の「ひでん豆」「紅大豆」「黒大豆」を使った炒り豆!
味付けなど一切なく、豆をそのまま炒っただけという商品。
しかしその炒り加減が絶妙!
「ひでん豆」の渋み、「紅大豆」の甘み、「黒大豆」の旨味、
そしてどれも豆の香ばしい香りがすばらしく、食欲をそそる。
しかし、ならばなぜ「森茶」なのか?
それは、お茶としてもいただけるから!
茶葉のかわりに豆を急須に入れ、お湯をそそげば出来上がり!
豆の香りがいっそう立ち上り、飲めば豊かな甘みが。
出がらしの豆もサラダなどに入れて食べるとまた美味しい。
この、そのまま食べても、お茶にしてもおいしい「炒り加減」を
見つけるのに大変苦労という「森の家」さん。
もともと真室川で農家をされていて、山形の在来種を守りたいという
思いから商品開発に乗り出した。
いずれは自分たちで栽培している野菜を使った商品開発もして
みたいという。

山形の大地の恵みとおいしさを引き出した「森茶」は、
山形市「obaco」、高畠町「よねおり観光センター」、
「新庄市」のパン屋「げたぱん」などで販売中。






 
アサヒスーパードライ
Copyright since 1997 Yamagata Broadcasting Co.,Ltd.