YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース やまがた情熱市場 会社情報
ラジオ情報
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2018年5月23日水曜 15時40分頃放送

本日ご紹介したのは、山形市七日町の洋菓子屋さん「あうる」。
5月16日にオープンしたばかりというこちらのお店では、

「プリン」と「ブッセ」が目玉なのだという。

まずはプリンをいただいた佐伯アナ。
「なめらかな食感で、ソースが濃厚!甘さは抑えられていて、大人の味わい」

商品名は「ほろにがプリン」。
京都で修業したパティシエ和田さんにうかがったところ、プリンではめずらしく、
ウィスキーとラム酒を使い、この大人の味≠生み出したのだそう。
アルコールは飛ばしてあるので、子供でも安心して食べることが出来る。

続いては「ブッセ」
「ブッセ」とはケーキの一種で、クリームやジャムをはさんだ焼き菓子のこと。
生地は「国産小麦」と「全粒粉」の二種類がある。
その二種類を佐伯アナが食べ比べてみると…
佐伯アナ「国産小麦の生地はふわふわしていてやわらかい!
      全粒粉は弾力があり、もちもちとした食感!違いがはっきり!」

そう、二種類の生地を食べ比べることが出来るのがこの「ブッセ」のポイント。
国産小麦×ブルーベリーは爽やかな香りと酸味を、
全粒粉×ガナッシュはコクのある濃厚な味わいを楽しむことができた。
この美味しさを追求して行きついたのが生クリームだそうで、
一般的に常温保存の「ブッセ」を冷蔵でj販売しているのも、
パティシエ和田さんのこだわりだ。
他にも国産小麦のラズベリー。全粒粉のチーズがある。

「ほろにがプリン」が330円
ブッセは
「ブルーベリー」と「ラズベリー」が200円
「ガナッシュ」が220円。「チーズ」が250円。全て税込。

口コミでお店の評判が広まり、現在は売り切れの商品も出ているそう。
行かれる際は、早めの時間が良いかも知れない。

「あうる」
場所:山形市七日町3-2-33
TEL: 023-676-7767
定休:日曜、月曜










 
アサヒスーパードライ
Copyright since 1997 Yamagata Broadcasting Co.,Ltd.