YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース やまがた情熱市場 会社情報
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2017年11月22日水曜 15時40分頃放送

今回は、JA山形おきたまとUHA味覚糖(株)の共同開発商品
「山形グミ おきたまデラウェア」と
「山形グミ おきたまピーチ」をご紹介!

まずは、去年の12月に発売されたデラウェア。

佐伯アナ&與門リポーターによると
「まず香りがすごい!ブドウと言っても様々な品種がある中で
これぞデラウェアといった本物の香りがする。
グミと言うと少し硬めのイメージがあるかもしれないけど
これは柔らかくて口の中で溶ける!」

山形県のブドウ生産量は、県全体としては全国3位。
しかしデラウェアに限って言うと、置賜地方が日本一なんだとか。
置賜名物の美味しい果物をグミにした人気商品!

UHA味覚糖では、商品の売れ行きを試験する場合に
ひとつの商品が一週間に一店舗で5個売れれば
合格ラインとしているそうなんです。

「山形グミ おきたまデラウェア」を
山形・宮城のヤマザワ(地域活性化のためにと協力)で
販売したところ、一店舗でなんと100個売れたとのこと!

「これは行ける!」ということで、
UHA味覚糖の本社がある大阪の10店舗で
試験的に販売したところ、合格ラインの6個に達したそうです。

味だけでなく、パッケージも魅力のひとつ。
果実が描かれている背景がマットな白地で
ゴールドの文字も目をひきます。

デザインを手がけたのは
東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科の
教授を務める中山ダイスケさん。

従来のグミのパッケージを調査したところ
白地がない事に気づき、白をバックに
果実を描くデザインがいいのではと生み出されたパッケージです。

北海道から沖縄のセブンイレブンの店頭に並んでいるそうですよ。

評判がすこぶるよく、今月6日には第2弾の
「山形グミ おきたまピーチ」が新発売!

口にした與門リポーターは
「グミを食べていて、どんどん桃の果汁が出てくる感じ!」

UHA味覚糖の関口さんのお話によると、
地方発でこれだけのヒット商品はなかったとのお話です。

こういった愛される商品を生む礎には
安心で美味しい果実を食べて欲しいという
農家の皆さんの想いがあるんですよね。

第3段も気になります!






 
 
ラジオ情報 リクエストBOX 週間番組表 エリアマップ
アサヒスーパードライ