YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース 会社情報 山形新聞
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2017年8月23日水曜 15時40分頃放送

今回は、宮田食品のおつまみこんにゃく≠ご紹介!

酒田市にある宮田食品は手作りこんにゃくのお店。
宮田さんご夫妻できりもりしています。

写真のおつまみこんにゃく≠ヘ貝ひも風≠ナ
見ためを乾物 のホタテの貝ひもに似せている様子。

口にすると、乾いた歯ごたえから弾力ある歯ごたえに変化して、
噛めば噛むほど海産物の旨味が出てきます。
佐伯&與門のふたりが声をそろえて「おもしろーい!」と一言。

まるで貝ひものようなこんにゃくですが、
実はホタテのエキスは入っていないそうなんです。
よく見るとパッケージホタテの絵の上に?≠ニあるのはそのため。

日本海産の飛魚の粉末を、こんにゃく粉に練り込んで
こんにゃくを作り、その後に味を整え乾燥させて出来上がり。
水分の95%を飛ばして乾物の貝ひも風にしています。

ご主人の話によると、製作のきっかけは
酒田市の雇用創造協議会のプロジェクトへの参加で
飛魚・イカ・米などの酒田ならではの食材を使った
おもしろいものを作ろうと生み出したのがおつまみこんにゃく
試作や試食会を繰り返して今年4月に発売しました。
料理好きな奥様がアイディアを出して、
ご夫婦でひとつひとつ手作りしているそうです。

おつまみこんにゃく 230円 (一袋・20g)
貝ひも風≠ヘ甘じょっぱい味付けで、
おつまみに限らず お茶うけにもよさそうです。
気になるカロリーは、なんと一袋で32kcal!

ほかにスルメのようなイカ風≠烽って
こちらは米粉・出汁・ブラックペッパーなどを使った
固めで辛めの味付け。

さらに新作を試作中なんだそうですよ!

酒田市内では
みどりの里山居館・夢の倶楽・産直たわわ・玉簾の滝の売店
ほか、遊佐町の道の駅鳥海ふらっと
東京にある山形のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」でも扱っているそうですよ。

 

宮田食品
〒998−0864  酒田市新橋一丁目2−32
電話:0234−25−8808






 
 
ラジオ情報 リクエストBOX 週間番組表 エリアマップ
アサヒスーパードライ