YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース 会社情報 山形新聞
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2017年7月12日水曜 15時40分頃放送

今回は、南陽市・小林豆腐店の 「豆腐ソーセージ」 を ご紹介!

見た目はいわゆる肉を使った一般的なソーセージと
変わりないのですが、中身の3分の1が豆腐なんです。

ボイルしたソーセージを口にすると、
パリッとした皮の中からジューシーな肉汁があふれ
粒立った挽肉の食感で食べ応えがあります。
ほかに味付けをせずとも、そのまんまで美味しいんです。
これはビールにぴったり!
しかも、肉に豆腐を練り込んでいることで
カロリーが3割ほど抑えられるそうなんです。

南陽市にある小林豆腐店は、昭和30年の創業以来
昔ながらの手造りでこだわりの豆腐を提供しています。

山形県産の大豆を使った もめん豆腐 が看板商品です。

しかし、時にはお店で余ることもある日持ちのしない豆腐を
どうにか活用する方法はないか、という想いが
「豆腐ソーセージ」開発のはじまりでした。

ふつう豆腐は凍らせると「す」が入って食感が変わってしまうため、
冷凍保存する手段について研究が重ねられたそうです。

平成20年には凍結障害の出ない豆腐ペースト≠フ
製造で特許を取得しました。

ソーセージの加工を担当するのは、
同じ置賜地方の長井市にある 草岡ハム加工組合。
こちらも地元の食材を大切にしていて、こだわりのハムや
ソーセージ等を手造りで提供しています。

 

「豆腐ソーセージ」
冷凍・未開封で日持ちはおよそ3か月
1袋 5本入りで税込300円

 

< 問い合わせ先 >
小林豆腐店
 営業時間: 午前7時 〜 午後7時
 電話: 0238−43−2615
 住所: 山形県南陽市長岡628

 <ホームページ>
http://www.kobayashi-tofu.com/index.php?FrontPage










 
 
ラジオ情報 リクエストBOX 週間番組表 エリアマップ
アサヒスーパードライ