YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント ニュース やまがた情熱市場 会社情報
ラジオ情報
佐伯敏光のご当地グルメ それいただき!

2020年12月2日水曜 15時40分頃放送

今回ご紹介したのは、山形市七日町のファッションビル「虹の街」
入口にある白いキッチンカー「まる芋&foodtruck」で2年前から
販売している秋冬限定スイーツ。その名も「白い大学芋」。

一般的な蜜をまとった大学芋ではなく、まるで雪が降り積もった
ような、白い粉をまとった大学芋だ。
頂いた山本アナは
「甘すぎず、芋の風味が感じられる!想像していたより
 軽い食感で食べやすい!」

さつまいもは、名産・茨城県の紅あずまを使用。栗のように
ほくほくした品種で、大学芋によく合うのだそう。
表面の白は砂糖。ただまぶすだけでなく、鍋の中で芋と合わせ、
5分以上もひたすら鍋を振り混ぜる。
そうすることで、サクッとした食感と、さっぱりした甘さに仕上がる。

一見、「新しい大学芋」といった印象だが、そのルーツは実に
50〜60年前の七日町までさかのぼる。
戦後復興期、食料や物資も十分にない中での身近な総菜、
おやつとして、サツマイモに砂糖をまぶした白い大学芋が
親しまれていた。しかし、街の発展とともに姿を消していったらしい。

七日町で「焼き芋専門店まる芋」を営業し、どうにかして
商店街の賑わいを取り戻したいと考えていた社長の齋野さんは、
この話をご高齢のお客様から聞き、「これだ!」と感じたという。
戦後復興と、商店街の復活のイメージが重なった。

当時を知るお客様に話を聞き、味を再現するとともに、
現代に合うようアレンジ。食べ歩きができるよう、
片手で持てる容器に入ったパッケージに工夫した。
販売開始から2年。懐かしいね、と言ってくれるご高齢の方が
何度も来てくれたりする一方、インスタでみた、という若い子も。

懐かしさと新しさが融合、戦後復興に続く、
2度目の七日町復活の起爆剤が、この「白い大学芋」なのかもしれない。

「まる芋&foodtruck」の「白い大学芋」
表面のコーティングが湿気と暑さに弱いため、販売は秋冬限定。
山形市七日町虹の街入口の白いキッチンカーで出来立てを販売。
1パック500円税込み
営業時間は昼12時から夕方6時 定休日は第2、第3水曜日。

「まる芋&foodtruck」のインスタグラム
https://www.instagram.com/maruimo_foodtruck/







 
過去の放送分はコチラからどうぞ
2020年12月
12月2日放送分      
2020年11月
11月4日放送分 11月18日放送分    
2020年10月
10月7日放送分 10月21日放送分    
2020年9月
9月2日放送分 9月16日放送分    
2020年8月
8月5日放送分 8月19日放送分    
2020年7月
7月1日放送分 7月15日放送分    
2020年6月
6月3日放送分 6月17日放送分    
2020年5月
5月6日放送分 5月20日放送分    
2020年4月
4月1日放送分 4月15日放送分    
2020年3月
3月4日放送分 3月18日放送分    
2020年2月
2月5日放送分 2月19日放送分    
2020年1月
1月8日放送分 1月15日放送分    
2019年12月
12月4日放送分 12月18日放送分    
2019年11月
11月6日放送分 11月20日放送分    
2019年10月
10月2日放送分 10月16日放送分    
2019年9月
9月4日放送分 9月18日放送分    
2019年8月
8月7日放送分 8月21日放送分    
2019年7月
7月3日放送分 7月17日放送分    
2019年6月
6月5日放送分      
2019年5月
5月1日放送分 5月15日放送分    
2019年4月
4月3日放送分 4月17日放送分    
2019年3月
3月6日放送分 3月13日放送分 3月20日放送分 3月27日放送分
2019年2月
2月6日放送分 2月13日放送分 2月20日放送分 2月27日放送分
2019年1月
1月9日放送分 1月16日放送分 1月23日放送分 1月30日放送分
 
アサヒスーパードライ
Copyright since 1997 Yamagata Broadcasting Co.,Ltd.