YBC山形放送
テレビ ラジオ アナウンサー イベント・プレゼント イベント・プレゼント 県内ニュース 会社情報 山形新聞
 


12月のテーマ「つなげる人」
○12/17放送
【12月のゲスト】
北村山高校家庭クラブそばガールズ
斉藤 未澪さん 佐藤 明音さん
【プロフィール】
【斉藤未澪】(写真右)舟形町在住。北村山高等学校3年。趣味はお菓子作り、将来はパティシエを目指しています。最近の楽しみは、猫と触れ合うことです。そばガールズは、3年生活総合系列で活動しています。そばパワーで地域を元気に!を合言葉に、そばの魅力の発見と発信に取り組んでいます。
【佐藤明音】(写真左)尾花沢市在住。北村山高等学校3年。趣味は読書、将来は動物関係の仕事を目指しています。生徒会の仕事も頑張っています。そばガールズは、そばの魅力を広めるため、そば染めやそばアイディア料理開発に取り組んでいます。 ※平成29年度やまがた若者チャレンジ応援事業を採択。

メインパーソナリティー:奥山知寿子さん
12月のキーマン   :三浦 明弓さん
12月のゲスト    :斉藤 未澪さん 佐藤 明音さん

「良い経験ができている/新たな発見があった」

【奥山】11月の「若者まつり」ではワークショップでも盛り上げてもらいました。まず、どういった活動をしているか教えてください。
【斉藤】―大石田町はそばが有名なので、そのそばの新たな魅力の発見と活用の研究をしています。 「そばパワーで地域を元気に」を合言葉に、地域の方と協力して地域のイメージアップと活性化を目的とした活動をしています。メンバーは3年生の20名です。
【佐藤】―そばの魅力満載のチラシを作成したり、そばアイディア料理を開発したりしています。

【奥山】地元のお菓子屋さんとそばをつかったお菓子コラボ。これはどのくらいつくった?
【斉藤】―私たちがつくったのが4つあり、「塩そばロール」「もっちりそばブッセ」「そばかるかん」「そば茶とミルクの2層プリン」です。「塩そばロール」は生地と生クリームにそばを入れています。「もっちりそばブッセ」にもつかっています。お菓子屋さんには完成度が高いといわれました(笑)自分たちである程度試作をつくって、みんなでアイディアを出し合って完成させました。

【奥山】こういった家庭クラブの県の発表会があり、22校の頂点に立ちました。うれしかった?
【斉藤】―うれしかったです。全国にも行けるように頑張りたいです。
【奥山】活動自体は楽しい?
【斉藤】―とても楽しいです。自分の知識にもなるし、色々な人とコミュニケーションを取ることもできるので、良い経験ができていると思います。
【佐藤】―私も今まで地域の方とかかわることが少なかったんですが、そばの活動を通して地域の方と触れ合ったり、楽しい話ができたり、良い体験ができていると思います。

【奥山】活動の不安はあった?
【斉藤】―とても不安でした。先輩たちから受け継いだものがあったので、これからの活動にも響くのでプレッシャーがありました。でも、色々な体験や、自分たちが考案したものが商品化できたりもしたので、今よかったなとホッとしています。
【佐藤】―わたしも先輩たちから受け継いだものを後輩たちに引き継いでいきたいと思います。

  

【奥山】尾花沢・大石田の見方などは変わった?
【斉藤】―あまり尾花沢や大石田のことは知りませんでした。このそばガールズの活動を通して、色々なところに自分の足で行ってみて、新たな発見がありました。
【佐藤】―大石田のことは知らなかったので、大石田の名所などを調べて知ることができました。
【三浦】―地域のこととつながっていくのは理想ですよね。

【奥山】そば殻で染めたスカーフを持ってきてくれました。いろんな色が出るんですか?
【斉藤】―そば殻を煮出したものに、銅や鉄などの媒染材を入れて染めています。1時間ぐらいかけています。今はまだ購入できないんですが、これから購入できるように頑張っていきます。
【三浦】―柄もバラや桜柄でかわいいですね。

【奥山】実際形になるってどういう気持ち?
【斉藤】―自分たちでつくったものが色々な人の手に渡ることはうれしいです。
【佐藤】―皆さんが身につけてくれることはすごくうれしいです。

【奥山】もう卒業も近くなりました。進路は決まりました?
【斉藤】―宮城の調理専門学校に決まりました。将来はパティシエになりたいです。山形はフルーツが美味しいので、それをつかったものを作りたいです。
【佐藤】―私も宮城の動物系の専門学校に決まりました。将来は動物園の飼育員になりたいです。今回のそばの活動を通して、地域のあたたかさを知ったので、これからも地域の活動に参加していきたいなと思いました。

【奥山】―お友達で何かに迷っている人がいたらなんて声をかけますか?
【斉藤】―やりたいことがあったら挑戦してみて、ダメだったらそれをバネにして頑張ったらいいんじゃない?と声をかけたいです。
【佐藤】―挑戦しないよりは、挑戦して後悔したほうがいいと思うので、どんどん挑戦してほしいです。

【奥山】これからの挑戦は?
【佐藤】―困難とかつらいこともあると思うけど、乗り越えていけたらいいなと思います。
【斉藤】―「一人暮らし」を頑張りたいです(笑)
【三浦】―不安だらけかもしれないけど、頑張ってほしいです。特に女の子に対しては、自分の武器になる力を身につけてほしい。その力を地元に帰って発揮してほしい。
【奥山】2人にはすでに武器がありますね!そばガールズでの経験は絶対に活かせますよね。



ぷにゅん屋さん ぷにゅんシアター 試写会・プレゼント おすすめイベント イベント情報